☆掲示板


事務局の予定

会報の閲覧<PDFファイル>


最新号 2016.4.20発行 348号 


バックナンバー
347号 2016.2.20発行
346号 2016.1.1発行 345号  2015.10.20発行 344号2015.9.20発行
343号  2015.6.20発行 342号
2015. 4.20発行 341号 2015.2.20発行 



会報についてのご意見は
メールにて「観客編集室」まで

山陰中央新報/2月15日掲載「明窓」(中央新報社の許可済み/転載禁止)

毎日新聞/1月16日掲載「支局長からの手紙」

支局長からの手紙:半世紀迎えた市民劇場 /島根

手作りの演劇鑑賞会を開催している松江市民劇場は、昭和36(1961)年11月に産声を上げました。
例会、特別例会を合わせ、これまでに350回近い公演を実現させ、
今月27、28日には、文豪トルストイの名作「アンナ・カレーニナ」(栗原小巻さん主演)が50周年記念として上演されます。
松江市民劇場15周年記念誌「島根の演劇」によると、
昭和23年2月、大阪に大阪勤労者演劇協会が誕生しました。
これが「労演運動」の始まりで、その後、全国的に演劇鑑賞団体が誕生していきます。
山陰初の労演が誕生したのは鳥取県米子市。
ですが、劇団は遠路はるばる山陰まで来たがらず、また財政的にも負担が多く困っていたため、
松江の人々に労演結成の働きかけがありました。
NHK松江放送劇団代表の郡山政宏さんら29人が昭和36年7月に発起人会を開き、
その4カ月後、前身の「松江映画演劇観賞会」が誕生したのです。
事務局次長の石橋洋男(ひろお)さん(65)は、
1968年に上演された東京芸術座公演「国定忠治」を鑑賞し、会の活動に加わりました。
「島根県民会館の落成記念として開催されたもので、西村晃さんの名演ぶりが、まぶたに焼き付いています」と言います。
「地方で本場の演劇を見たい。でも、800~1000人の観客を動員しなければ、財政的に成り立ちません。
記録によると、第1回上演は580人集めるのがやっとだったようです。大赤字のスタートでした」と石橋さん。
事務局長になった71年、石橋さんは島根大の職員でした。
でもすぐに、「兼業でこなせるほど楽ではない」と悟り、72年4月に専任となりました。
64年に会員数は750人を超えますが、しばらくは一進一退の状態が続き、上演料未払いで開演時間が遅れることもありました。
72年の水害で事務所が水没し、移転を余儀なくされました。
それでも地道に例会は開催。80年、活動家中心から会員によるサークル総参加の運営に大転換し、軌道に乗りました。
その後、観劇券を廃止し、継続を前提とした会員手帳制に移行。会員数は安定し、1150~1250人で推移しています。
石橋さんは「素晴らしい演劇を鑑賞するだけではなく、俳優さん、裏方さんたちと一緒に準備していく。
だから当日も大勢の会員が出迎え、荷下ろし、会場整理、片付け、そして翌日の見送りまで行います」と話します。
石橋さんは40年務めた事務局長を退き、昨年4月、室梅(むろうめ)真里子さん(59)にバトンタッチしました。
5年前、友人に誘われて入会した室梅さんは、
「中国地区演劇鑑賞団体連絡協議会という組織があって、どういう作品を見たいかを話し合うのですが、
もう再来年のスケジュールを確認しているのです。
一つの演劇の成功を、会員一人一人が支えていることを実感する日々です」と語ります。
松江市民劇場は16日~2月12日50周年展「松江の舞台を飾った俳優たち」を開催します。
観覧は無料。問い合わせは同市民劇場(0852・26・3094)へ。【松江支局長・元田禎】
毎日新聞 2012年1月16日 地方版

毎日新聞/6月18日掲載「支局長からの手紙」
しびれました

毎日新聞 6月18日(月)15時21分配信

 長年記者をしていると、人と会うのに緊張することはあまりなくなるのですが、先日は久しぶりに緊張しました。
相手は舞台俳優の加藤健一さん(62)=写真。あこがれの人です。
 演劇鑑賞会を開催している松江市民劇場が先月末に催した例会は、加藤さんの事務所が公演する「川を越えて、森を抜けて」。
加藤さんが折角
松江に来たので、お会いしました。
 加藤さんは、つかこうへいさんの「熱海殺人事件」などのほか、自身の事務所で数多くの舞台公演を続けています。
テレビや映画ではなく、舞台にこだわっています。
実は、演劇をしていた学生時代、いろいろ見たプロの舞台の中で、一番すごいと思った俳優が加藤さんでした。
立ち居振る舞い、通る声、そして何より存在感。しびれました。
 約25年前、当時別の会社のサラリーマンだった私は、
会社を辞めて役者になろうと、加藤さんの事務所の俳優教室のオーディションを受けるつもりでした。
しかし、高慢にも「加藤さん本人がいる限り、オレが主役をすることはないのか」と思い、他の劇団に入りました。
「思い上がりもはなはだしいわ」と思われるでしょう。
ハイ。これを書きながら、我ながら当時アホやったなと思いますが、若さというのは怖いもの知らずでした。
結局、私はその後劇団をやめ、なんだかんだあって今に至ります。
 加藤さんと松江のつながりは意外に古く、松江市民劇場の招きで初めて松江で公演したのは81年。
加藤さんは、全国各地で公演に回っていますが、松江にはいち早く来ていたそうです。
松江での公演は今回の作品で10回目になります。
 加藤さんが公演する新劇系の芝居は、東京ではなかなかロングラン公演を展開しにくいため、全国を回る必要があります。
加藤さんは
「私たちの芝居は無農薬野菜と似ていて、賛同してもらって、ちゃんと見るよ、買うよと言ってくれる人が必要」と、
各地にある市民劇場の存在が欠かせないと語ります。その通りだと思います。
 「川を越えて、森を抜けて」は、アメリカの小さな町を舞台に、家族のきずなについて考えさせてくれるコメディ。
私は劇団を辞めて以降、ほとんどプロの芝居は見ませんでした。
記者の仕事が忙しかったというのもありますが、自分が役者をあきらめただけに、もう見る気にはなりませんでした。
ただ、4月に松江に赴任して、加藤さんの公演があると知り、迷った挙句、何かの縁かと思い、思いきって見に行きました。
 四半世紀ぶりにしびれました。
どこの社会にも、言うことが変わる人というのはよくいるもので、自分の信念をぶれずに持ち続けるのは難しいものですが、
加藤さんは昔からぶれることなく、舞台にこだわります。
その姿勢から生まれたまさにプロの芝居。
「かっこいいなー」。
カーテンコールで笑顔の加藤さんを見ながら思いました。
 いい芝居は人生を豊かにしてくれます。
これからは、また、いろいろな芝居を見に行こうと思っています。
【松江支局長・岡村昌彦】
毎日新聞 2012年6月18日 地方版